HOME > 学校案内 > 生徒の声

学校案内

生徒の声

生徒の声

私は「ものづくりとビジネス」の授業の中で、総合ビジネス科と総合技術科が普段どのような学習をしているかお互いに教え合いました。この授業で私は総合ビジネス科が学習している珠算電卓検定について学習し、逆に総合技術科が実習で作成した懐中電灯の作り方を教えました。教わる方と教える方どちらも大変で、特に教える方は教えられる以上に自分がよく理解していないと思った通りに説明できませんでした。私は将来、教員になることが夢なので今回の体験は大変貴重なものとなりました。
『総合技術科 2年』

生徒の声

僕は「ものづくりとビジネス」の時間に総合技術科の授業の一部を学びました。総合ビジネス科の僕が総合技術科の内容をやるとは思っていなかったのでちゃんとできるのか最初は不安でしたが、技術科の友人たちが分かりやすく教えてくれ、スムーズに理解することができました。また、反対に今度は僕たちが技術科の人たちに教えました。それにはまず、自分が教える内容を十分に理解するよう努めました。その分、技術科の人たちに内容が伝わった時の喜びはとても大きかったです。この授業では、普段できないことができる貴重な経験ができました。
『総合ビジネス科 2年』

生徒の声

1年生の時、簿記とは「企業のお金に関する取引を帳簿と呼ばれるノートに記録すること」と言われ、難しそうだなと感じました。ですが、ルールがはっきりしているので学んでいくうちに理解できる部分も増えておもしろいと感じ、もっと内容を深めたいと思ったので会計系を選びました。この系に進んでも情報処理など他の系で中心に学ぶ検定も取ることもできるので、後悔しないように在学中にいろいろな資格や検定に挑戦していきたいと思います。
『会計系 2年』

生徒の声

私は将来絶対役に立つパソコンを学ぶために情報系を選びました。就職してどの仕事に就くことになっても、パソコンは必ず使うものだし、必要とされるものだからです。今はプログラミングや情報処理など様々なものに取り組んでいますが、手を抜かず一日一日の授業を大切にしていきたいです。そして、学んだことを将来に生かせるように努力していきたいです。
『情報系 2年』

生徒の声

僕は日本の経済について詳しい知識を身に付けたかったので流通系を選びました。この系では、将来必ず役に立つ幅広い経済の知識や選択で中国語を学習できるということにも惹かれました。中国人観光客が増えているこの日本で、中国語を話せたらかっこいいなと思っていました。なので、中国語を選択し、勉強を始めました。流通系でしか学べないことも多く、ここで学んだ事は必ずいつか役に立つと思います。僕は将来ビジネスのプロになりたいと思っているので、この商工高校でしっかり知識を得ていきたいと思っています。
『流通系 2年』

生徒の声

将来やりたいことがまだ決まってなかった私は、やりたいことを探しながら将来役に立つ資格や検定などを取りたいと思い、会計コースを選びました。入学当初は全く分からず、つまらないと思っていた簿記も理解ができていくとともに楽しくなっていきました。たくさんの検定にチャレンジしていくことで自分の実力を知ることもでき、取得した分だけ自分の自信にもなります。卒業までにもっとたくさんの検定にチャレンジし、自信を深めていきたいです。
『会計コース 3年』

生徒の声

僕が情報コースを選択したのは「AI」などコンピューターを使った今の世の中でとても役に立つと思ったからです。情報コースだからといって情報の資格だけでなく会計・流通の資格や種類によっては工業系の資格も取ることができるのが、商業と工業がミックスしている商工高校の他にはない魅力だと思います。将来はここで学んだことを活かし、地元に貢献できる人になりたいです。
『情報コース 3年』

生徒の声

私は2年生の時の流通系で学んだ知識をより深めていきたいと思い、流通コースを選びました。流通コースでは商品を企画・開発・流通させるための知識だけではなく、ビジネスマナーやコミュニケーションスキルを身に付けることもできます。私は商工高校で得たたくさんのことを糧にして、夢を実現するために努力を重ねていきたいと思います。
『流通コース 3年』

生徒の声

私は2年生の時に進路ガイダンスで何度か話を聞いて「大学か専門学校に行きたい。」と思うようになり、普通教科をたくさん選択できるビジネス応用コースを選びました。このコースは少人数での授業が多いので、分からないことや疑問に思ったことをすぐに先生に質問することができます。1年生の時からたくさんの検定試験に挑戦してきました。そのことと、このビジネス応用コースで学んだことを柱にして、大学の試験に臨んでいきたいと思います。
『ビジネス応用コース 3年』

生徒の声

私は小学生のころから機械の設計や開発に興味がありました。そして将来、私はたくさんの人を笑顔にできる「もの」を作りたいと思っています。そのために必要な知識と技術を学ぶことができると考え機械系を選びました。商工ではさまざまな資格や検定を取得することができるので、意欲的に取り組み、多くのことを学び、成長していきたいです。
『機械系 2年』

生徒の声

日常生活で使うもののほとんどに「電気」が使われています。私は、生活に欠かせないものとなっている「電気」の関係の仕事に就きたいので、電気系を選びました。授業内容は専門的知識など難しい内容ですが先生方が分かりやすく丁寧に教えてくれます。私は特に、実習が好きです。普通高校にない設備を使用して行う実習は、将来に役立つとても貴重な経験を積むことができると思います。
『電機系 2年』

生徒の声

化学系では「有機合成」「バイオ化学」「容量分析」などの実習があり、化学の技術を身に付けることができます。私は素材に興味があったので、詳しく学ぶことができる化学系を選びました。2年生になり専門的なことを学ぶ機会が増え、資格や検定を幅広く取得することができるようになったので、将来の視野が広がってきました。
『化学系 2年』

生徒の声

私は将来、ものづくりの仕事に就きたいので機械コースを選択しました。機械コースでは、さまざまな機械の操作技術や機械分野の知識も豊富に学ぶことができます。これらのことは、必ず将来役に立つものばかりだと思うので、ものづくりの仕事に就きたい人や、CAD系の設計デザインを学びたい人は、ぜひ機械コースを選んで将来に活かしてほしいと思います。
『機械コース 3年』

生徒の声

私が電気系を選択した理由は、父の仕事を継ぎたいと思ったからです。父は電気工事士を勤めていて、将来私も電気工事士になるために、電気について詳しく学んでいます。3年生になると、1、2年生で学んだことより難しい内容が出てきますが、先生方が丁寧に細かく教えてくれます。また、専門高校ならではの実習も豊富で、いろんな資格も取ることもできます。電気に興味ある方、電気について学びたい方はぜひ、商工の電気コースを選んでみてはいかがでしょうか。
『電気コース 3年』

生徒の声

私が化学コースを選んだ理由は、最初は「白衣がカッコよかったから」という理由でした。1年生の実習では、「機械」「電気」「化学」の全てのコースを行います。そのとき先輩方が白衣を着て歩いていく後ろ姿を見て、化学コースを選択しようと思いました。実際に2年生になり専門科目を学んでいくうちに、今度は「化学」の楽しさに気付きました。また、商工では、3年生でビジネスの授業も選択できます。「経営のできる化学者」を目指して、化学の授業とビジネスの授業の両方をしっかり学んでいきます。
『化学コース 3年』

生徒の声

私は大学に進学したいと考えています。そのために理工応用コースを選びました。理工応用コースでは、専門科目ももちろん学習しますが、選択授業で大学で必要な数学や国語、英語など普通教科も勉強することができます。自分の得意な教科は、もっと伸ばそうと、あまり得意ではない教科は、自分の得意教科になるように取り組み、大学進学に備えたいと思っています。
『理工応用コース 3年』